株式会社 丸水長野県水

お知らせ

旬 -スズキ- 

産卵期を控え脂乗る夏

成長するにつれ、セイゴ、フッコ、スズキと名前が変わる出世魚。古事記にも登場するなど、古くから親しまれている。体長六十㌢ほどで成魚となり、大きなものは一㍍近くにもなる。岩礁のある磯(いそ)にすんで海水と淡水を行き来する。えさはエビやカニ。秋の産卵期を控えた夏に脂が乗る。
丸水長野県水長野支社(長野市)によると、県内には新潟、金沢などからの入荷が多い。成魚の二、三㌔もので、一㌔あたり千五百円-二千五百円(卸値)。入荷量、価格とも例年並みで、本格的な夏が近づくにつれ、値段も高くなっていくという。
白身魚で、刺し身や、洗い、塩焼きが一般的。水で湿らせた奉書紙に包んで焼き、焦げた和紙の香ばしい香りを添える「奉書焼き」は有名。バター焼きで洋風にしたり、タケノコ、ピーマン、シイタケなどで中華風のあんかけをつくり、空揚げにした切り身にかけてもうまい。

suzuki.jpg

ページトップへ戻る