株式会社 丸水長野県水

お知らせ

魚の背くらべ ―穴子(あなご)― 

ウナギと同じく旬は夏、ビタミンAが多いので、夏バテ予防にはうってつけの魚です。外見は円筒形で細長く、ウナギよりも口が大きいのが特徴。体長はメスのほうが大きく90cm前後、オスは40~50cmで、日本全国の沿岸から大陸だなにかけて、分布しています。食べ方は、やはりウナギと同様に白焼き、蒲焼き、柳川鍋などにしますが、ウナギよりもさっぱりしているので、天ぷらやすし種のほか、素焼きにしても煮ものや蒸しものにも使われます。

S-anago.jpg

ページトップへ戻る