株式会社 丸水長野県水

お知らせ

旬 -アナゴ- 

半透明の稚魚も珍味

産卵場所は南方の海とされるが正確な場所は判明しておらず、生態には不明な点も多い。ウナギは川をさかのぼる習性があるが、アナゴは内湾や海藻の茂った砂泥地などで成長する。稚魚は半透明で「ノレソレ」「タチクラゲ」などと呼ばれ、珍味とされている。「穴子」の名は、体の一部が何かに触れていることを好み、狭い穴に入り込むことが多い習性からついた。
丸水長野県水長野支社(長野市)によると、県内には福島県などから入荷。一㌔あたり千五百-二千円(卸値)で、価格は例年並み。「今は年間を通して消費量に大きな差がなく、価格も安定している」
ビタミンAを豊富に含むなど、栄養面はウナギと似ているが、脂肪分は半分ほどで味もあっさりしている。かば焼き、てんぷらが一般的。わん種にもする。タレをつけずに白焼きにし、ワサビしょうゆで食べるのもうまい。

anago.jpg

ページトップへ戻る