株式会社 丸水長野県水

お知らせ

魚の背くらべ ―鱚(きす)― 

体が白っぽいので白ギスともいわれ、体長は25cmくらいになり、北海道以南の日本各地に分布します。旬は夏。産卵期をひかえ、脂がのってくる6~7月頃がもっとも美味です。脂質が魚の平均値の4分の1ほどしかないため、その淡白で上品な味が塩焼き、酢のものなどのあっさりした料理によく合い、油を使った天ぷらやフライなどにもなじみ、椀種にもなります。高タンパク・低脂肪のキスは、高齢者や幼児、またダイエット中の人にもぴったりです。


S-kisu.jpg

ページトップへ戻る