株式会社 丸水長野県水

お知らせ

魚の背くらべ ―鯵(アジ)― 


一年を通じてなじみの深い魚ですが、旬は夏で梅雨ころから秋口にかけ、脂がのって味もよくなります。一般にアジと呼ばれるのはマアジで、大型では体長40cmに達します。アジはあまりクセのない魚で、刺身、たたき、すし種、酢の物、天ぷら、フライ、塩焼き、干物にと幅広く利用でき、万人向き。体長10~18cmの小アジはエラとハラワタ、ゼイゴを除いて丸ごと空揚げにし、南蛮漬や、マリネにすると骨ごと食べられます。栄養的には、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれており、EPAやDHAも豊富で、その生理作用が大いに期待できます。



se-aji.jpg

ページトップへ戻る