株式会社 丸水長野県水

お知らせ

魚の背くらべ ―真鯛(まだい)― 

全長1mを超える高級魚の代表選手。しかし、通常は50cm以下で、近年は養殖物が多く出回っているので、ずいぶん庶民的な魚になりました。旬は春。4~6月の産卵期の頃は体色が鮮やかなことからサクラ鯛と呼ばれ、最も美味しい時期とされています。脂肪が少なく甘味があり、刺身はもちろん、焼きものや椀種、酢のものなど、さまざまな料理に向きます。また、頭はかぶと煮、アラはアラ炊きや潮汁、皮は湯引きなどの料理に使え、まさに捨てるところのない魚といえます。栄養的にはビタミンB1・B2が豊富で、お肌の美容におすすめです。


S-madai.jpg

ページトップへ戻る