株式会社 丸水長野県水

お知らせ

旬 -ホタルイカ- 

てんぷらやパスタにも

産卵のために、深海から岸に近づいてくる三月から五月上旬までが旬。
富山湾が主な産地で、「湾外物」は福井県などから入荷する。夕暮れから神秘的な青白い光を発するのでこの名がついた。富山湾では四月中旬から定置網漁を近くで見る観光船も出るが、なぜ、富山湾に多く見られるのかなど、生態にはまだはっきりしない面も多い。
丸水長野県水長野支社(長野市)によると、県内にはほとんどが浜ゆでされて入荷。「湾内物」のほうが大きく、甘みも強い。ただ、今年の漁獲量は例年の三分の一ほどで、湾内物は卸値で一㌔二千五百円前後。湾外物も同千二百-千三百円と、いずれも例年より二-三割高値の状態が続いている。「しばらくは値下がりする気配がない」(同社)という。
生の場合、一度湯がいて辛子みそで食べるのが一般的。てんぷらにしたり、スパゲティの具にも。富山湾沿いの滑川市などでは、はらわたを取って短冊状の刺し身にしてわさびじょうゆで食べる「竜宮そうめん」が人気だ。

hotaruika.jpg

ページトップへ戻る