株式会社 丸水長野県水

お知らせ

魚の背くらべ ―白魚(しらうお)― 

「月もおぼろに白魚のかがりも霞む春の宵」と、歌舞伎の名せりふでおなじみの、春先においしい魚です。体長は10センチほど。名前の由来は湯がくと白くなるところから。鮭の仲間で、川で産卵し、海で育ってまた川に戻ってくる習性があります。味は淡白。生きたものを二杯酢でおどり食いにするのが、春の風物詩の一つです。かき揚げ、卵とじにすると上品な味わいが楽しめます。歯ざわりがソフトで蛋白質も豊富なことから、特に幼児やお年寄りにおすすめの魚です。


S-shirauo.jpg

ページトップへ戻る