株式会社 丸水長野県水

お知らせ

魚の背くらべ ―太刀魚(たちうお)― 

平たくて細長く、銀白色に光る、その名のとおり太刀に似た魚です。大きなものは体長1.5mにも達し、本州中部から西に多く生息しています。夏の終わりから秋にかけてが大きく味もよいとされ、やわらかい肉質は照焼やホイル焼き、から揚げに最適です。バターやオリーブ油の風味に合うことから洋風料理の素材にも好まれます。栄養的にはビタミン、ミネラルが豊富。ビタミンDは一切れも食べれば一日に必要な量の半分程をとることができます。


S-tatiuo.jpg

ページトップへ戻る